告知忘れてました!「世界ナゼそこに日本人」再放送!! 

読者の皆様、お久しぶりです。
生きています!しっかりと
いろいろと報告のある4月でした。
今回は自分へのメモとして書いてます。


まず、本日4月29日12:55より、昨年出演した「世界ナゼそこに日本人」の再放送が
関東エリアのみありました。
フェースブックで告知したので、こちらに書くのをすっかり忘れてしまった!大ボケの私。

先ほど、高校時代の同級生からメールが来ました!
おーつ!懐かしい!!ありがとう。
どこの旅行会社にお勤めなの?詳細教えてください。。。。
返信用のメールアドレス教えてね


と、ここは私信でして、次のご報告。


今月15日に日本の母が亡くなりました。
ここ3年近く施設に居たのと、声が出せない、字も書けない状態だったので、
音信不通状態で、私のほうも、それなりに仕事があったりして、
日本に一時帰国する余裕がなく、
冷たくなった母に最期のお別れを言うしかありませんでした。

というわけで16日にウィーン空港を出発し、
お通夜、葬式を終えて23日にスロバキアに戻ってきました。

お通夜で、喪主挨拶の弟が、「亡き母」というフレーズを間違えて、
「亡き妻」と言ってしまい、
それまで引き締まっていた私の涙腺が一気に開通。
必死にこらえた笑いは、つい涙となってこぼれました。

姉も弟嫁も、家族席が肩を震わし笑いをこらえるその様子。
想像できますか?


笑顔で母を見送れるなんて、思ってもいなかった。
とても幸せな一瞬でした。

同級生のおかげで、たくさんの友人が駆けつけてくれて、予期せぬ喜びの対面でした。
恩師まで駆けつけてくださり、、、。
先生、お忙しい中ありがとうございました。


調子にのって、せっかくだから会えるだけ、いろんな人に会おうと、
葬式の翌日からは、活動開始。
スロバキア大使館や仕事関連にも挨拶に行きました。

船橋の地元の友達。
いつ会っても「船橋48」になっても、
お馬鹿さは変わらない。

独身時代は、話の内容が恋愛だったり仕事だったのが、
家族がテーマ、子供や仕事に変わっただけ。
悩みはつきないけれど、
考え方、意見はいつまでも同じ目線なのだ。
やっぱり友達。会えてよかった。


旅行専門学校の同級生が急遽集まってくれて。
28年ぶりという人もいるなか、なんでだろうね?
全くあの頃と変わらない笑顔がいっぱい。
人生の苦楽を味わった分だけ、
その瞬間を楽しむ技に、磨きがかかった軍団ともいえる。
シワが増えようが、髪の毛の色や量がかわろうが、
変わらぬ笑顔に違和感のない、
心地よい幸せな時間でした。

本当は5月に同窓会が予定されているのですが、
私はその日は娘のキリスト教の入信式のようなものがあり、
行けないのです。
だから、みんなに会えて嬉しかった。

今回は子供も連れて行かず、単身で日本に行ったので、
自由があった。
青春を謳歌した友達にあえたから、
気持ちも若返った。
迷いのない、まっすぐに未来に向かっていた頃の自分を
映してくれる友達。

1つしか違わないけど、世話を焼いてくれた姉はやっぱり姉であった。
実家を守ってくれている弟夫婦にも大変お世話になりました。

本当は、もっともっと書きたい事があるのだけど、
切がないから、やめておこう。

2週間前に亡くなったお母さん。ごめんね。会いに行けなくて。
間に合わなくてごめんね。
普段は忙しい4月なのに、今年は珍しく仕事がなくって、
奇跡的ともいえるよ。日本に行けたのが。

みんなが言ってくれた、きっとお母さんが
「たまには遊びに帰っておいで」って、私にご褒美をくれたんだって。

友達に会えて楽しかったよ。嬉しかったよ。
最後に私にプレゼントをくれたんだね。
今までで一番うれしいプレゼントだったよ。

これからも、頑張る!
しっかり生きて行くからね。見守っていてね。
私に命をくれてありがとう。










関連記事

コメント

チャイさん

こんにちは!

お久しぶりです。お気遣いありがとうございます。

チャイさんも昨年、お母様とブラチスラヴァにいらっしゃいましたよね。
すべてが”ラストミニッツ”で、なるべくたくさんの思い出を作りたいですよね。

チャイさんの明るい笑顔が早く戻ってくるように、体が元気になるように、こちらからも応援しています。

母はみんなの太陽ですから!
遠くからの、ポカポカ光線はYUKI君にも
元気を与えているはずです。

無理しないで、ゆっくりね。

秋のスロバキア訪問、楽しみにしています!

コメントありがとうございます。

ポンセさんへ

お母様なくなられたなんて・・・、
こんなに時間がたってしまいましたが、お悔やみ申し上げます。

ポンセさんのようなバイタリティあふれ、愛情あふれた方を生み育てた方、きっと魅力的なお母様だったでしょうね。

離れていても、お母様の気持ちは毎日のようにスロヴァキアまで飛んで行っていたでしょうね。そして今も!見守っている気持ちは変わらないですね。

少し体調を崩して、あまりパソコンを開くこともなく、過ごしてしまっていたので、遅ればせ・・、お許しください。

お体に気を付けて、お過ごしくださいね。
私も秋には元気になって、まだブラチスラバに行きたいと思っています。

はやとうりさん

こんにちは!

返事がおそくなり、失礼しました。

初盆、1周忌、3周忌など日本の風習をすっかり忘れていたので、
なるほど!!と、ひたすら感動に近い大発見でした。

あとはマネーですね(笑)ここが一番の問題なのですが、参考になります。

今回、友人の厚意で成田に向かう途中ででお宅に泊めてもらいました。

「お風呂先にどうぞ!」という一言や、
「布団はこちら向きに敷きましょう。」など、改めて日本の風習や古き良き時代を思い出してしまいました。

はやとうりさんのお料理もいつも楽しみにしています。

コメントありがとうございます。

ポンセさん こんにちは♪

お母さま亡くなられたのですね
でも意に反して笑いをこらえたお葬式になって良かったのかもしれませんね
誰も忘れられないと思います

同級生にもたくさん会えたようで良かったですね
ご実家は舟橋なのですか 帰るのも大変でしょうが初盆&1周忌 3周忌等あります 帰る機会が増えるといいですね^^

chihirkoさん

こんにちは!

やっぱり!!文章の書き方から、Chihirkoさんかな?って、思っていましたぁ。

あの4人、毎日一緒に登校する車通学仲間だったそうで、その日は何かの発表会に急いでいて、追い越そうとして、車がスリップしてしまったそうです。

ぶつかった相手はポーランドのトラック。ポーランドのトラック野郎は、スピードを出していることが多いのですが、
このドライバーは問題無しでした。

そのトラックの後ろをラドの叔母が運転していて、危うく半壊した車にぶつかっていたら、巻き込まれていたかもしれなかったそうですが、車のボディーが傷ついただけで済んで、安心しました。

でも、いずれも地元の若者ばかりで、うちの息子や娘も顔は知っている狭い町ですから、本当に悲しいし、残念んな事故としか言いようがありません。

娘が今、17歳になったので、教習所に通い始めました。

本当に、若者の運転、老人も同じですけど、スピードの出し過ぎは最も危ないですね。その道を知り尽くしている人は、危険な運転はしないですから。

はぁ。安全運転でいきましょうね。
旦那様にもよろしくお伝えください。

コメントありがとうございます!

へのへのもへじ

あれ?いつの間に「へのへのもへじ」になったんでしょう。chihirkoです。ちゃんとchihirkoと書いたと思ったのですが、失礼しました。

若者4人の事故、我が家でも話題になりました。本当に心の痛むニュースですよね。スロバキアのドライバーは運転が荒く、ヒヤッとする場面に遭遇するのも日常茶飯事です。(今はもうほとんど運転しなくなってしまったのですがベビーカーを押して歩いていてもしょっちゅうヒヤヒヤしていますから)ポンセさんは結構運転されますもんね、気をつけてくださいね!

うんうん、うなずいたり、元気をもらえるポンセさんのブログこれからも楽しみにしています。

へのへのもへじさん

こんにちは!

始めまして?でしょうかね?

つい金曜日に地元で大きな交通事故があり、19歳の若者4人の乗る車がトラックにぶつかって半壊し、一人が亡くなりました。生き残った運転していた子もショックでしょうが、同年代の子供を持つ親としても、大変残念で仕方がありません。

母のお通夜では笑っていましたが、このような若者の死は、本当に悲しくて辛い現実ですね。

そして、元気だけが取り柄の私ですから、久しぶりの日本を全力で楽しむことだけ考えておりました。
はじけました。はずかし~。

コメントありがとうございます。


Re:おーつ! 再度トライしました!

おーつ!
メール送ってみたよ。今度こそ届きますように。

何度もありがとうね。

おっしゃ!念力でなんとか日本に送れたみたい。

お母さまが亡くなられたのですね。
ご愁傷さまです。

笑顔のあるお葬式、とても素敵ですね。
きっとお母さまのお蔭なんですよね。
私の祖母の通夜がやはり笑いのある通夜で、祖母の生き様が表れているようで(祖母自体はひょうきんな性格ではないのですが、でも穏やかで回りを暖かい気持ちにさせてくれる人で)、こういうお別れになったのは祖母のお蔭なのだろうなぁと思ったことを思い出しました。

いくつになってもやはり友人とは話がつきず、そして元気をもらえる、友人の存在ってありがたいですよね。

悲しいお知らせを含んでいるのに、お仕事にお友達にと活動的、前向きなポンセさんのブログに私も元気をもらいました。ありがとうございました。
  • [2016/05/01 23:10]
  • URL |
  • へのへのもへじさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

きなり食堂のおかーやん

こんにちは!

お久しぶりです。
マスターにはFBのほうで連絡をいただきまして、ありがとうございました。

弟は小中学生の頃で、生徒会長などしていたので、演説慣れしているはず。

なのに最後の1行でつまづき、予想外の笑いをゲット。その腕前に、向こう10年は笑えそうです。

お坊さんにその話をしたら、
「それは10年ではなく、一生ものですね!」と、
まさかのダメ押し。

母のため息が聞こえたと、弟嫁は言ってました。ここでも大笑い。

お嫁さんのご両親からも
「まだ生きてます。殺さないでね。」と
念を押され。

以降弟は終始笑顔で饒舌になってました。これこそ、ひと皮むけた様子です。

ご近所の方々、親戚にも笑顔で送ってもらえて、母は本当に幸せ者です。

おかーやんのおかーやんにもよろしくお伝えください。もうすぐ母の日ですもんね。

コメントありがとうござます。


おーつさん

おーつ、こんにちは!
30年ぶり?

こっぱずかしい~!けど、うれし~!!
世間から見ると、おばちゃんとおじちゃんなんだろうけど、こうやって、話すときは、気分は未だに高校生だよね。
ジャニーズの話、面白かったもん。

鳥肌まで立ててくれてありがとう。
メール送ったよ。
お返事ちょうだいね。

くんちゃんことポンセより!
コメントありがとう。
本当に嬉しかったです。

やっぱり、くんちゃん(女子たちはそう呼んでたよね?確か)でしたか。
すごい偶然に鳥肌立ちました。
だって休日の午後にたまたまテレビつけたらやってた番組だよ。すごいよ!

お母様のこと、ご愁傷様です。
そんなこととは知らずにヘンなメール送っちゃって申し訳ない。

クラスメートで同じ業界に就職してたからなんか覚えてました。いろいろ話したいでさね。気が向いたときで結構ですのでメールください。アドレス書きましたので…。

では、また。
育児、お仕事、がんばってください!

ポンセさん、
お母様なくなられたのですね、
ご愁傷様です。
・・・そんなブログなのに思いっきり
笑っちゃいましたよ~
想像しただけで笑いが止まらないですよ~
弟さんの奥さまもびっくりだったでしょうね。
ポンセさんの母上様はとても笑いのセンスが
あった方なのでしょうね、
きっと天国からの演出だったのでは?
母親はどんな時も子どもには
笑顔でいてほしいものですからね。
いいお葬式でしたね。

自分は母が近くにいるのに全然会ってないな
たまに顔見に行くことにしますね。

同級生との再会も出来て良かったですね。
友達はいいものですね。

再放送探したけど北海道は
放送されてなかった、良く見ると関東エリア
って書いてありましたね、残念。

北見は今日雪が積もりました~
さすが北海道!それではまた。


  • [2016/04/30 15:46]
  • URL |
  • きなり食堂、おか~やん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Kohさん

こんにちは!

Kohさんからの折り紙が届いてました。
我が家に帰ってきた実感が湧きました。
いつもありがとうございます。
次女のエステルが大喜びで、選んでました。

どの家庭も完璧なのはありません。
自分が母親になってからわかったことですが、
父も母もただの若者で、悩んだりしながら子育てをしていたんだと。

子供を育てながら大人にならざるを得ない。
自分だけならどうにかなるけど、
食わせて、学校に行かせて、人間らしく生活させないといけない
責任があるんです。

お母さん、きっと一生懸命に
家族の生活を守ろうとしていたんじゃないですか?
そこで、子供と接する時間がなかった。
体は一つしかないから、仕方ないことなんです。

子供目線でお母さんを見ないで、
違うポジションに立って、お母さんと接するといいと思いますよ。

親だって、実は未熟な人間なんだ!って、わかれば
呪縛が解けます。

私も、子供を産んでからそれがわかりましたから。

それでも、最後に日本に行けて、友達や親戚や兄弟に会えたことは、
形のない母親からの私へのご褒美、愛情なんだなぁと、思えました。

命がなければ、そんな悩みもないんだもの。
幸せは自分が作りだすもの。

元気だして!母の日は近いですよ。


コメントありがとうございます。







カナダからの手紙

こういった内容の記事を読むと、家族を大切にと思います。しかし、母と上手く行っていない自分は、中々言動が伴わないのが現状です。母の大雑把さと、行き当たりばったりの所、自営業に力を入れすぎ、父よりも長く仕事をしていたころもあり、思春期の小学校高学年時の突然のの転校後、いろいろ学校のことなどを母に相談したかっのに、殆ど聞いてくれななったということが、今でも尾を引いています。すいません愚痴めいてしまって。亡くなった後に、後悔の念にとらわれることも想像できますが、優しく出来ない自分が辛いです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/401-1e097a04