スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポンセ
Posted byポンセ

「スロヴァキア熱 言葉と歌と土地」 石川晃弘著

小中高を通しての苦痛といえば、夏休みの宿題の読書感想文だった。

それなのに、石川先生のお書きになった

「スロバキア熱 言葉と歌と土地」


の感想を書く気持ちになったのは、
スロヴァキアの観察を継続されている、
その忍耐強さを称えたいからだ。


この本は2006年に初版発行。
ということは、もう10年前に出版されていたのか。

なぜ?私の手元に今頃たどりついたのだろうか?
もっと早く知っておいても良かったはずなのに。














石川先生の名前は、ずいぶん前から風の噂で聞いていた。

かれこれ20年前だったか?
近重亜郎さん(当時は若い学生さん)と、日本大使館で行われた新年会でお会いし、
東スロバキアのプレショウ大学で、ルシン民族の研究をしていると伺った。

彼の教授が石川晃弘先生だというのを、後々知ることとなる。

その当時は、まだ今のように、インターネットでなんでも知ることができる時代ではなく、
「石川さん」といえば、私の知っている世界では、宇都宮のスロヴァキア好きの石川英一さんでしかなかった。

その石川英一さんだって、今や在日本のスロヴァキア名誉領事である。

話を戻すが、

石川晃弘先生には、実はまだお会いしたこともない。
10年以上も前から、お名前だけは知っていた。
今年に入って、巡り巡って、やっとつながることができた!
そして、チャンスあらば、ぜひお会いしたい!!

スロヴァキアについて語り合いたい!!!


著者は、私が生まれる前に、スロヴァキアに足を踏み入れた先人である。

スロヴァキアに本拠地を置いたわけでもないだろうに、
実に、国というより、民族を良く知りつくしている。

それだけ、足繁く通い続けた、ということがわかる。

「「スロヴァキア熱」は、テーマが13章に分かれている
素晴らしい点を書き留めておきます。


第1章
歴史の流れや、周辺国の特徴をよく捉えているので、
他国との比較が理解しやすい。

第2章
民族については、島国の日本人には理解しにくい問題に触れていますね。


第3、4章 
音楽、民謡を通して、日本との文化的な違いがわかる。

日本に紹介されている
「おお牧場はみどり」の訳の内容から、
国民性の特徴を説明している。
私もそう思っていた。頷く。

未だに、スロヴァキアは、
「共産主義だった貧しい国」

という印象を持っている日本人も多いはず。

しかし、本当は歌と踊りが大好きで、どちらかといえば、
明るくラテン系?と錯覚してしまうような、

前向きで、明るく、健全なものの考え方をする民族だという真髄を、
しっかりと見透かしている。


石川先生、すごいですよ!!




以降の章は、いろいろな人との出会いがあったり、
調査、観察しているのが良くわかります。

第5章
生活と価値観は、夫が言う通りの言葉が並んでいます。

スロヴァキア人が大切にしているのは、金でも富でもないのです。
石川先生の周囲も、素朴な人が多いのでしょうね。
私の周囲と同じ価値観なのです。

そうそう、公共の交通機関に乗る都度、席を譲ってもらったのを思い出しました。
子供と一緒に乗ると、カバンから飴やバナナを出して、子供をあやしてくれる、
魔法使いのおばあさんに出逢ったり、
昇降口まで降りてきてベビーカーを持ち上げ載せてくれる若者に、何度も助けてもらったなぁ。





古き良き時代ばかりが書かれているわけではなく、
現在の変化も記されているので、それにも頷ける。
都会の生活、個人主義を受け入れだした。


それでも、
「大多数の人々が支持している価値は、富、金銭、権力、地位といった実利的価値よりも、
愛と家族と道徳であり、労働と教育である。」

と書いてある。私の周囲はまさにこの通りだ。





このブログの名前でもありますが、
私はスロヴァキアが好きなんですよ。


「なんでスロヴァキアが好きなんだ?」


と聞かれたら、

それは、この「スロバキア熱」に詰まっているんです。
ぜひ、読んでみてください。


そう回答しておきましょうかね?!


スロヴァキアが好きなんて、マイナーな変人、私だけじゃないんだ。
うふふ。


石川先生が、スロバキアではなく、スロヴァキアと表記したことに、感服。


それから先生、
「スロヴァキア熱」というより「スロヴァキア愛」ですね

柔軟な先生の「心」と「頭」に感謝です。
素敵な本を、この世に送り出してくださり、ありがとうございます。


ぜひ、お会いしましょう!!



ポンセより。
関連記事
ポンセ
Posted byポンセ

Comments - 2

There are no comments yet.

ポンセ  

yokoblueplanetさん

こんにちは!

すっかりご無沙汰してしまいました。
お元気ですか?
おかげ様で、私のほうも元気です。

昨日、あっという間に読破してしまったその勢いで、ブログも書きました。

後ほど、この本の紹介を追加で記事に入れておきますが、

この本について書いたことで、知人が石川先生をご存じである、という事がわかりました。

しかも、この本をお持ちだそうで、ビックリ!!

「世界は狭いのではなく、世界はつながっている」という認識に考え直す、いい機会になりました。

あくまでも、表現はポジティブに!問うのも、重要なポイントですね。


yokoさんの周囲はどうですか?

ブログを通して、つながる人もいますもんね。

なんだか、ワクワクしてきました。


コメントありがとうございます。

ポンセ

2017/11/17 (Fri) 00:58

yokoblueplanet  

探してみますね。

こんにちは。
お久しぶりです。
お変わりなくお元気のようですね。
素敵な本のご紹介、ありがとうございます。
探してみます!

2017/11/16 (Thu) 09:12

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。