スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポンセ
Posted byポンセ

50を前に(こんなことを書いていたのね私)

来年早々50才になる私は、最近やたら焦っている。

20代のころ
「何をそんなに焦っているの?」と言われたことがある。

外国に行きたい!そんなことばかりを考えていたころは、
すべてが敵に見えたかもしれない。なんか尖っていた。

本当は、自分自身がやりたいことに見切りをつけて、我慢していただけの話で、
親や友達や会社や周囲の環境が敵だったわけじゃない。
言い訳を作って、そんな自分に腹を立てていたんだな。

自分自身を開放して、自分の気持ちを理解し、応じてやる。
精一杯やれば悔いはない。

そう、精一杯やればいい。
若いうちは、それでよかった。

外国に行ってわかったことは、
所詮私は一人ぼっちなんだ!ということと、
人間は一人になった時、本当の自分を知るんだなぁ、と。

開放と孤独の背中合わせと、
見えない将来を手探りで探していた私に、
いつも微笑んでくれていたのは、
必ず、暖かく見守ってくれていたのは、
「太陽」だった。

私は太陽が大好きだ。

どんなに寒くても、どんなに暑くても、
太陽が顔を出せば、
私は生きているんだ!と、歌のように確認することができる。




50才からは、どこを目指していけばよいのだろうか?

それが見えてこないから、また焦っているのだろう。
多分、そうだ。


今年は、お尻に火がついている感覚で、ずっと落ち着かない。
何かをやって、終わらせるか、スタートを切るべきなのか?
なんだか、よくわからない悶々とした気持ちと、漠然とした不安と、
見えないものと闘っていた気がする。

馬鹿の一つ覚えなのだが、
こういう時はあれ←クリックしてねに頼る。


子曰、
吾十有五而志于学、
三十而立、
四十而不惑、
五十而知天命←ここだわな。
六十而耳順、
七十而従心所欲、不踰矩。



天命を知るんだ。


紀元前550年代の孔子の言う50才と、21世紀の50才を比べること自体に無理があるのだが、
孔子曰く、なのだから、従いましょう。

天命を知るぞ!心の耳をすませて!

さぁ! いざ!


わかったら、報告しますね~(高笑い)
関連記事
ポンセ
Posted byポンセ

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。