私の息抜き 

スロバキアの土曜日は、「家の仕事をする日」というのが一般的で、例えば男性なら、木を切ったり、芝を刈ったり、ガレージを片付けたり、女性なら家中に掃除機をかけたり、雑巾がけをしたり、洗濯機を3回もまわしたり、あっという間に一日が終わる。

しかし、今日は違った。先週の日曜日の「ニワトリ事件」以来、私の心は決まっていた。「完全休日!!買物三昧」

ちょっと遠いけど、我が家から40km離れたところに大きな町、バンスカー・ビストリッツァがある。ここは、スロバキアの中部でタトラ山地の始まる麓というのか、山を背にした町だが、2年くらい前の大型ショッピングマーケット建設ブームに上手く便乗し、「EUROPA」というショッピングモールができた。それまでは、山を背景に美しい教会が立ち並び、町の中央には噴水があり、車の進入もできない、とても歩きやすく活気のある田舎町でありながらも、おしゃれなヨーロッパの歴史町という感じだった。戦争記念館もオペラ劇場もある文化人の住む都会でもあり、スロバキアの中部の「華」とも言える美しい町なのだ。

そして、スロバキアの大きな町には必ずある、TESCOというイギリス系の大型スーパー(きっと日本ならイオンみたい)や、マクドナルドも、BauMaxという日曜大工の大型店もある。Bataという靴屋もある。これはチェコ人が作った店だが、アメリカへ移民して大成功しただけあって、靴の品質基準が高いので、(もちろん値段も)私は好きだ。ここで今年の一足を買いたい。そう、みなさんおわかりですね。マクドナルドの報復もしたい、私なんですよ。


しかし、ここで邪魔が、、、。邪魔というのはひどいのはわかる。でも、開放感がないんだよね~。だって、ラドパパが私の運転を信用していない様子で、運転を申し出てくれたのです。私はブラチスラヴァまで一人で運転もするし、都会での運転は大丈夫だが、田舎道はかなり不安がある。念の為に道順を確かめると、「じゃあ、自分が運転してあげよう。」と、先週の段階で約束させられ、(頼んでないのに、、、断ることもできない、、親切を断れない私)今回は、運転手つきの「休日」となった。夫?夫のラドさんは弟のアパート改装を手伝っているので、今日はお付き合いできないとのことでした。そんなふうに、私や子供たちとのお付き合いを断っていたら、後が恐いのよ!知らないの?ラドパパやラドママは何気に、ラドに行くように勧めるのだが、「土曜日は作業日」と、決め付けているので、雨が降っても槍が降っても、行く気にはないみたいですねぇ。

「なんで日曜日に行かないの?」とラドが聞くので、「じゃあ、明日に変更したら、行く?」と聞き返したら、「いいや、行かない。」って、じゃあ、なんでそんなことを聞くの?きっと、先週マクドナルドに行ったから、気が晴れたことでしょう。あなたの場合は。ねえ、私、ちょっと意地悪だよね?意地っ張りってのか?

「じゃあ、行ってきまーす。」子供4人とサラの友だち、ラドパパ、私の7人で出かけた。でも、考えてみてくださいな。おもちゃ売り場にしか興味の無い子供2人と洋服に興味のある若者3人、自分の靴が買いたい私に、孫と一緒にアイスクリームが食べたいラドパパで一緒の行動は無理だよね。いくら大型ショッピングモールとはいえ、別行動は当然。じゃあ、組み分け発表!私と若者、ラドパパとちびっ子。今回はラドパパが子守も買って出てくれたので、本当に助かった。予想通り、私の靴を見る時間なんて無いの。子供達の「あー」だの「こー」だのに、うんざりしながら、腹時計が鳴り出した。次の難題が待ち受けていた。

ラドパパはかなり「ケチン坊」というか、少し昔の年代のスロバキアなら当然なんだけど、こういう買物に行く時のお昼は、そのショッピングマーケットでパンとかクッキーとかを買って、軽く済ます。レストランやマクドナルドなんて立ち寄ることはない。我が家だけがそうなのかもしれないけど、ちょっと年配者が一緒だと、こういうときはやたら気を遣ってしまう。おごるとも言いにくいしね。日本人の習慣とは、かなり違うと思う。この国の昔の人は倹約家。だから、ちょっと言い出しにくかった。でも、子供の食欲は遠慮がない。ジーさんを気にすることなく、「行くぞ、マクドナルド!!」と音頭をとり、「よっしゃ、私が払います。」と調子を合わせて言ってみたら、ラドパパあっさり「じゃあ行くか。」となった。はぁ~、一安心。心晴れる。

でも、やっぱりラドパパは食べない。金額をみて、「いらん。」と。
以前も、みんなでブラチスラヴァのレストランに行ったとき、「何もいらない。」と、オーダーしなかったし、どうしても家族が揃ってレストランに行くときは「一番安いもの」というよりは、「いつも食べなれているもの」を注文して、「オレの嫁の料理のほうがどれだけ美味いか。」を語る。少々扱いにくいけど、シャイで可愛いところがあるのだ。だから、私もラドパパにコーヒーだけ注文した。「TESCOでパンでも買って食べてね!」と、今回はラドパパの意思を尊重した。でも、当然、子供たちはキッズメニューだの、ビッグマックメニューのマックスと遠慮なく久しぶりのファーストフードを心置きなく楽しんだ。そして、もちろん私も。

もうこれで、「完全休日!!買物三昧」の半分の目的は達成された。残すは私の靴だけど、これは完全にあきらめた。子供と一緒に買物をしても、気持ちが焦って欲しいものがなんだったのか、わからなくなることがある。だから、やっぱりゆっくりと、一人で買物できるときにすることにした。。。って、いつもそれができなくて、イライラするんだけどね。子供たちのうれしそうな顔を見ていたら、それでどうでもよくなっちゃたよ。母、安いよね。
ラドだって、子供の笑顔が好きなんだけど、ちょっと意地張ってるよ。私にはわかります。

最後に、家に帰ってきたら、ラドママから電話があった。「夜ご飯を用意したから食べに来なさい。」って。「ああ、ウザイ。」と思う気持ちと、「ああ、やっぱりバレてるなあ。」って、恥ずかしくもあり、嬉しくもある気持ちを、「クシュクシュ」と紙を丸めたような音がした。ラドママは知っているのよね。私に少しばかりの休息が必要だったってこと。だからご飯を作ってくれたんだと思う。そして、今日別行動だったラドが家族と一緒に揃ってご飯を食べに来て欲しい、やさしい母親の気持ち。(多分ね)なんやかんや言っても、私もこうやって、蚕の糸のみたいに、細いけどしっかりとした糸でくるくると巻かれているでしょ?家族にも見えない糸があるんだろうなぁ。ラドパパとラドママにしっかりと握られているんですよ。心をね。

完全休日→ほとんど達成。買物三昧→買ったものは少ないが、出費は十分でした。というわけで、本日はめでたしめでたし。
関連記事

コメント

にこまこ

まあね。みんな笑顔が一番いいよ。おかげさまで、いい気分転換ができました。やさしい妻とやさしいお母さんになりたいです。

えこちゃん

カーナビはラドの携帯についているから、必要なときは借りても良いんだけど、役に立たないときもあるでしょ。情報が反映されてなかったりして。
今回は高速道路のスタンプを買わなかったので、ラドパパに「普通の道路で行くんだよ!」って念を押されたのよ。そういえば、ここ何年も高速の道しか使っていなかったので、ちょっと不安になったのよね。だってさ、田舎道って、いきなり工事していて、まるで一方通行みたいになっていたり、標識も見づらかったりで、久しぶりの道なので、「どこからあの道にいくんだっけ?」って、もらしたのが失敗だったわ。ラドパパから見ると、私の運転はそんなに下手なのかもね。

No title

よかったね、ポンセ。

自分の為のショッピングセンター行きではなさそうだけど、みんな
HAPPYでよかったじゃん。

ラドのご両親もとっていい人達だよね、ポンセが一番解ってると思うけどね。邪魔とかけちん坊とかうざいとか、言っちゃってるけどさぁ。

ラドもきっと将来は子供のお嫁さんに『うちのお父さんは昔かたぎの人でぇ』とか言われたりするんだろうなぁ。仲良くやれよ!

No title

ポンセさん、車にナビをつけたらいいじゃ~ん!!
ナビがあれば、誰も心配しないでしょ?

ショッピングセンターでパンを買って食べてる老人のなぞが解けた!笑
プラハにもいっぱいいたよ。なぜ、レストランで食べないんだろう、、、と
不思議だった。
ありがと~!!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/45-9c68d66f