スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容院へ行きました。 

さっき、何年ぶりかに美容院に行ってきた。いつも自分で髪の毛は切っているけど、先週はアニマルショックがあったので、頭を濡らして、「あ~でもない。こーでもない。」と、自分に興味を持つ元気すらなかった。人の手で頭を触ってもらうというのは、かなりの癒し効果がある。そこで、「よし!」と、美容院の予約を先週して、本日を迎えた。

スロバキアの美容院で100パーセントまたは、それ以上に満足したことは1回だけある。これは素晴らしいことだ。なぜなら、あれ以来、いつも腹を立てて家路につくことばかりだからだ。

その唯一の満足の理由は、ラドが一緒に来てくれたからなのだ。もちろん出来上がりが値段相応だった。記憶によると、あの時は、ラドが「ちょっと整えてください。」程度の説明をしてくれたような気がする。仕上がった髪形はボブヘアーだったけど、いかにも”ジャパニーズ”ではなく、逆毛を立ててボリュームを出してくれ、ちょっとしたセレブヘアー?(ごめんなさい、想像がつかないでしょ?)ケネディー大統領夫?みたいにできあがりました。

な~に、ポンセ寝ぼけているんだ?と、お笑いにならないように。だから唯一満足したって言ったでしょ?

しかし、それ以来、ラドと一緒に美容院に行く機会も無くて、いつも一人で行っては玉砕してくるばかり。言葉が通じないので、写真でも持ってゆけばいいものを、私はそんな勇気もない。


「このモデルとあなたは違うでしょ!。」

美容師さんの心の中で、一蹴りされるのがちょっと気になるから。もちろん、そんなのを態度に出す人もいないし、がんばってくれるのは分かるけど、


「できましたぁ~。」


鏡の中に、別人をみるのも辛いので、いつも一生懸命に説明する。→結果は散々なのだ。


しかし今日は、違った。結果ではなくて、美容師さんが、一生懸命に理解してくれようとしていたので、お客としての気分が満たされた。私のお願いは、あまり沢山じゃない。「あまり短くしないでね。横の髪の毛を薄くして、流れるようにしたいの。」これだけ。しかし、一番難しいのは、「流れるように」この言葉なのだ。

以前もラドにこういうのを英語で説明したが、例えば、「風が吹くように」とか、「水が流れるように」なんていってしまうと、もう、ちんぷんかんぷんで、スロバキア語に変換されることは有り得なかった。英語もそうだけど。だからと言って、私も「ついて来て」と頼むほど、ウブではなくなっている。スロバキア語でスロバキア人並みに、「なんとか普通に生活がしたい。」私の心の底にある意地なのだ。

癒しのために行く美容院が、もうすでに気合が入りすぎて、肩がこってきた。ちなみに、私は高校生のときに、ず~っと土日だけ、美容院でバイトをしていたので、腕の良し悪しを知っていると思い込んでいる。スロバキアの場合は、とにかく古い器具を使っている店には行かないようにしている。下手したら、シャンプー台で、普通のイスに座ったり、ハサミは文房具のと同じのを使っているおばちゃんだっているからねぇ。


さて、本日の結果発表。ラドの妹の知り合いが切ってくれたので、本当に気持ちよくやってもらいました。シャンプーは、後頭部を洗ってくれないので、??でしたが、まあいいや。カットを始めるときに、一応自分なりに説明したら、「こういうことかしら?」と、何度も言い直してくれて、「そうそう!」って、同意できる言葉を探してくれた。本当にハッピー!だった。

「あなたが、言ってくれる言葉は理解できるんだけど、自分でそれを表現するのは、ものすごくむずかしよ!」と言い訳したら、

「そうでしょうね~。ふふふ。」と笑ってくれたので、はぁ~、助かったわ。


「私もね、雰囲気でこうじゃないかなぁ?って、想像しながら妥協どころをみつけるから、大丈夫よ。」とのこと。後は大船に乗って、いい気分で出来上がりました。しめて8ユーロ。まあまあの値段でしょう?

ちなみに、スロバキアの美容院では、「シャンプー要りません、ブロー要りません、スプレーいりません」とサービスを断ることができ、最低金額でカットしてくれます。5ユーロくらい。私はシャンプー、ブロー、スプレーしてもらったので、8ユーロでした。

外国で言葉が通じなくて、相手に腹を立て、主に自分の語学力に腹を立てることが多い。日本の美容院でも日本語で説明したにもかかわらず、満足できないことがある。言葉だけじゃなくて、コミュニケーションが大切なんだなぁ。しみじみと思った一日でした。
関連記事

コメント

キツネさん

そうそう、ストレスなんですよね~。シャンプーのあとに肩をもんでくれないし。そういえば、昨日、耳に水が入らなかった!それだけでも、かなりの大発見だったりして。

自分で切るなら、声をかけてくれればいいのに。今度私がハサミ持参で行きますよ。ついでに、染めもやってあげます。

でも、1月に日本に行くから、きっと美容院に直行するんでしょうね?!

ばた

ええっ?髪の毛短いの?見たいよ!!写真見せてね。

私も、今日白髪染めを買ったよ。ほぼ3ユーロ。こっちで染めるのも新たなる挑戦かもね。

でも、かなり高いのよ、、、。

No title

わたしももう一年以上、美容院に行ってません。もちろんスロヴァキアで。最初に髪をかるく洗う時、耳に水が入ってくるのが、もう我慢できない!!。どこの美容院でも同じ。耳に~って言っても気をつけてくれないし。最近、ロングになってしまった髪を自分でバッサリ切ったわ。値段は日本に比べてずっと安いけど・・・行くのはストレス。ブラチに日本人の美容師さんがいたら、大繁盛だろうなぁ。

No title

ポンセ、

嬉しいなぁ、若い時の私のまんまなんだね、ポンセの中の私って。
もう長くないし、白髪すごいって。
もちろん自分で染めてるよ。

あー、やばい、やばい。

いつか、帰国がお互い重なれば会いたいね。うわっ、て思うよ。
でも、子供達の休みが合わないからなかなか会うチャンスがないね。

ばた

髪の毛の色を染めたら(これは自分で)、後ろ姿だけでも載せましょう?!カット前、カット後って、8ユーロの価値が分かるようにね。

ばたはいつも長くて自然なスタイルの髪の毛だから、美容院に行っても行かなくても、あまりわからないかも。
白髪も目立たないでしょ?

この会話もかなりやばいね。

Kaoちゃん

そうなの、昨日さ、「左右の長さが違うなぁ~。」って、内心ちょっと思っていて、「これで出来上がり。いかが?」って、聞かれたから、思い切って言ったわよ。「こっちがちょっと長くない?」って。

そしたら、「じゃあ、ちょっと失礼。」って、両手の指先で髪の毛を、頭の上から毛先までゆっくりと引っ張りながら確認してくれた。日本と同じだったよ。日本は3回とか4回とか確認するけどね。で、修正してくれた!

すごくうれしかったよ。喜びどころが笑えるよね。

No title

ポンセ、

写真、写真載せてぇ。

私もね、美容院行きたいけど、なんか自分の事となるともったいなくてね。

いつか行くわ、ってすごい会話だよね。

No title

ごきげんよぉ~♪

寒くなったねー。そちらはたくさん積もってるかしら、雪?
こっちは3~4センチぐらい??かな。
なんか街の対応早いのか、昨日雪降り始めたら、道路に砂利まいてたり、朝には雪かきされたりだったよ。

ポンセさん、チャレンジャーね~(笑)
絶対スロバキアの美容院なんぞ行かないわよー。
チビ達のカットのひどさに毎回激怒だもん。なんで前髪が斜めに切れてるの?左右の長さが違う・・・ひどいもんよ。
私が切ったほうがマシじゃん!!って思うひどさよ。

でも満足いくカットになったのなら良かったね♪
でも安すぎー。値段にびっくりよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/64-17280b58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。