刺激のあった日 

今日は、ニコライが来年進学を目指している学校の開放日だったので、見学に行ってきました。というか、私だけブーツを買いに行こうと思ってましたが、ラドが途中下車さしてくれなかったので、学校まで同行することになってしまった。

朝9時には開始。適当な人数が集まると、先生が学校中を案内してくれる。ニコライの目指すは電気系の学校で、流行の情報系と電気系を学べる。9年間の小学校を終えると、大学を目指すGymnazium(高校、ギムナジウム)かStredne skola(専門学校)に進学することになる。商業を学びたければ、Obchodnaという専門学校。これらの専門学校からも大学進学に進むことができる。日本とちょっとシステムが違う。

ニコライは理数系が得意で文系の勉強はしたくない。というわけで、この学校に進学したいらしい。


行ってみてビックリしたのは、どの教室にもコンピューターがあって、(当たり前か)先生方がかなりまともに見えた。それでも、名物の先生とかいそうだなあ。

子供たちはあまり質問がなく、親のほうが、ちょこちょこ質問をしていたが、10教室くらいまわったのかな?
3時間という、かなり長いオリエンテーションで、どっぷり疲れた。

バラバラになったコンピューターで仕組みを学ぶクラス、テレビやビデオなどの構造を学ぶクラス。これらは、実践的で私が学びたいと思ったりして。システムやプログラムなどを学ぶクラス、アニメーションや映画の製作、
車や建物のデザインをする授業、英語を使う授業など、なんだかワクワクするような授業もある。電圧を測るだけでなく、電波とか、いろんなことを計る授業もあるらしい。

「物理と数学が得意であったほうがいいけど、成績が悪いからとあきらめる必要もない。」なんて言う先生もいたけど、どうかな?男子生徒は理数系が得意みたいだよね。女子の見学生は1人しか会わなかったしね。


若い子供たちと一緒にまわり、若い生徒達のプレゼンテーションを見学したら、目がチカチカしてきた。ニコライが少しやる気をだしてくれたのはいいのだが、私のほうは、げっそりと疲れ、風邪をひかなければいいが、と自分の健康を危ぶまなければならないほどだ。早く寝よう。
関連記事

コメント

Kaoちゃん

言葉の不便もまだあるでしょうに、がんばるね~。あっという間に子供って大きくなるね。

私達はゆっくりと進化していればいいとしようね。
老化じゃなくてね。

学校は公立?私立?都会だから、選択範囲が広いのかなあ?

No title

本日こちらは祝日でお休み・・・どこにも行かずの日よ。

雨は昨日早朝降ってたけど、雪はまだまだ根強く残ってるよー。

ニコちゃんも成長したね~。もうそんな歳になったのか~。
でも自分で行きたいって言える学校ならいいじゃない。

うちも来年は小学校・・・先日通知が来てて、いろいろ探さないといけないみたい。日本みたいにここに住んでる子はこの学校って指定がない!?よくわかんないよー、教育事情。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/69-9314ff4b