スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンスパーティーに向けて 

今週の金曜日は待ちに待ったダンス会がある。決して楽しみにしてはいないのだが、来るものは拒まず?どーんと構えることにした。踊れなくてもまあいいや。子供たちが主役なんだもん。

それにしても、やっぱり言葉がわからないので、準備をしておくものを念の為、同級生のお母さんに聞いて正解だった。聞き逃したものがある。

男子生徒は首飾りか腕輪(バングルって言ったっけ?)を用意すること。

このダンスの会は「Vencek」といって、Googleによると「リング」と訳してくれた。確かにそうかもね。男の子と女の子が社交ダンスを踊るのですが、踊った相手にプレゼントをあげます。これが女の子から男の子には胸に「リング」をつけてもらいます。まるで勲章をもらったみたいに見える。男の子から女の子には「首飾り」だそうで、もちろん付けてあげるのでしょうね。そして胸バッチの数の多い人、首飾りの多い人を表彰するらしい。

そうなの、それで女生徒と母親はお手製でリングをつくっています。硬い紙に円を書いて、ドーナッツみたいに中をくりぬく。外側から内側へ、内側から外側へ、と、リボンをぐるぐる巻きにして、安全ピンをつけて、バッチにしてできあがり。一人何個ずつ作るんだろうか?

男の子は首飾りを一人5個用意すること。。。。男の子はどうやら5人で、女子が10人らしい。負担が多いのだ。そして、今は夜中の2時になりそうなんだけど、私がその首飾りを作っている。勿論、買ってもいいんだけど、あるお母さんは「マカロニでもいいのよ。」と言うし、「うちは100円ショップでビーズを買ったわよ。」とも聞いた。お店で買うと、1本2ユーロ以上するので、5本となると、ちょっとした出費である。

ビーズとかボタンとか、古い壊れたネックレスなどを組み合わせて、なんとか4本作った。あと一本は目が疲れてできません。老眼だわ。コンタクトレンズなので、目が痛い。でも、明日は、髪の毛を染めて、お菓子を焼かないといけない。

今回のパーティーで食事はレストランが用意するが、デザートのお菓子は、持参となっている。飲み物はソフトドリンクだけで、これもレストランの下にあるスーパーで生徒達が買出しに行く予定。

スロバキアは結婚式などでも、お肉を買って持参してレストランに作ってもらうのが普通だったけど、最近は衛生上の問題でやらなくなったらしい。EUに加盟して、都合のよいことがなくなってきている。


とにかく、甘いものと辛いものの2種類のお菓子を用意しなくてはならない。みんなが持ってきてあまれば、もって帰ればいいのだけだし。きっとスゴイ量だろうから、私が持っていかなくたっていいんじゃないかな?と、密かに思うが、ラドママがケーキを焼いてくれるというので、辛い物は私が担当する。

ブリンザーという羊のチーズ入りのクッキーにするつもりです。簡単なので、、、、、。

ニコライの洋服もどんなことになっているか、再チェックしなくてはいけないし、(全部ラドママ任せ)私だって、長いこと、華やかな場にでていないので、服、どうしよう?状態なのだけど、大胆にも、これから縫い作業をしようか?などと邪念があって、少し悩んでいる。昔のスカーフでワンピースを作りたい。必要な材料は買ってきたけど、時間があるかどうか?

そうそう、今日は「虫ピン」「クリッパー」「裏地」などの買物をしたので、スロバキア語を覚えているべきなのだが、もう右耳から左耳の外へと流れ出て行ったようだ。それもどこかにメモしておかなきゃ。こういう買物が一番難しい。お店のどこに置いてあるのか、キョロキョロと探す不審な客に思われてしまう。言葉を知らないから、相手の想像力に期待するしかない。でも、全部買えたので、今日はラッキーだった。


ああ、もう2時。どうなることやら。ニコライのネクタイがないや。Yシャツも新調すればいいのに、ラドが自分のお古を貸すと言っている。カンベン!と思うのは私だけで、「別に、どうでもいいけど。」とダンス会は他人事のように他人任せのニコライである。

もう一度、「どうなることやら。」
関連記事

コメント

キツネさん

ネックレスは完成しました。お菓子を焼いたら、、、激マズxxx塩味が足りない。上から塩を振りまくり。もって行くのをためらいます。

ダンス、、、好きじゃないからどうしましょう?!5時にスタート予定なんですけど、どうも夜中までになるらしいです。去年あったのは、夜中3時まで。
私もついてゆけません。

ちなみに、PEZINOKはやらないみたいですけど、親のダンスの会はありますよね。10月25日のカタリ-ナの日は高校でも小学校でもやってましたよ。一度行きました。

ちなみに本日のニコライたち。
女子生徒は午前中は髪の毛をセットするために、学校を抜けるそうです。それも公認だとか。

男子生徒2時集合で、ジュースの買出し。

アメリカの卒業パーティー(映画の世界ですけど)みたいなもんなのかな?と、想像しております。

ダンスに参加しない子や他所の学校の子たちも覗きに来てもいいんだそうです。もちろん、食事やフォーマルな踊りが終わってからですけど、「乱入して踊る」もありだそうです。

はぁ~、何時までがんばれるかな?

Kaoちゃん

ウイーンの公立はクラスに移民が沢山いて、まずは国語のドイツ語を勉強しなきゃいけないんでしょ?
大変みたいだよね。
だから地元のオーストリア人は私立に行かせるような話しを聞いたような気がするけど。どう?ミクシー経由とかでウイーン在の人から情報もらえそう?

自分で行ってみて、納得できるところが一番だよね。
そちらも、がんばってね~。

No title

このパーティーの話、聞けば聞くほど感覚的についていけないです。うちの娘の学校でもこういうことをしてるのかな。聞いてみないと。私が中学生だったころ卒業遠足があったけど、それは皆もう進学先が決まった後に行ったよなぁ。親がかりのイベントではなかったし・・・・。
ポンセさん、ご苦労さま。ダンスを目一杯楽しんで、しっかり元取ってきてね。

No title

夜更かしお疲れ様ー!

なんか親のほうが準備が大変だねー、子供主役なのに。
ポンセさんも着飾って出席しないといけないなんて・・・日本だったら何でも調達できるし、レンタルドレスとかさー、本当便利なのにね。
ミシンがないといろいろ不便なヨーロッパ?じゃない。

こっちの小学校って学校によって授業内容が違う?英語のレッスンがあるとかないとかあるみたいだし、悪い子がいっぱいいそうな学校には近くでも行かせないとかいろいろあるみたい。私立は高いし、近場になさそー!?なので、きれいな設備の公立を検討中。

明日は楽しそうじゃない!!がんばれー!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/70-14bbe97b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。