スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カボチャのハヤシライス 

おとといの昼メニューだったんだけど、自分では久しぶりのヒット作品でした。

エステルがいるので、PCに向かう時間を削り、10時くらいから散歩にでかけた。12時に戻って、すぐに作れるメニューを考える。

その朝、ウサギの面倒を見る際に、うちの地下で、日本人のお友だちからいただいた、日本の種から出来たカボチャを発見。勿体無くて冬至まで待っていたんだけど、ピンチ!!ちょっと腐り始めているではありませんか!!

決定。これがメインで何かを作るぞ!!


スロバキアのカボチャは「べちゃ」として水っぽく、甘くない。日本の種は「ホクホク」のカボチャのはず。私はしょう油と砂糖で煮るのが好きなんだけど、もしかしたら、スロバキア産のカボチャとのハーフ君に育ってしまっているかもしれない、と想像する。(ごめんなさい。)

肉も食べたい。でも、煮物と肉料理だと2品作らなくてはならない。カレーはラドが嫌いだし。どうしよう?


そうだ!「ハヤシさん」にしよう!夏はカボチャとトマトは同じ畑で一緒に育つ。同じ時期に出来るもの同志のコンビはきっといい味になるはず。例えば、トマトとナスのように、、、、。

自分の感を信じて、ひき肉を買ってきた。



イメージは和風あじ、「肉じゃが」ふうのハヤシライス。

1.ねぎを炒めてひき肉を入れる。しっかり脂を出して、カボチャも一口サイズを入れて、一緒に炒める。

2.「カツオだし」を入れて炒め、次に砂糖をちょっと多めに入れた。カボチャが甘いかわからないので。

3.塩を入れてヒタヒタに水を入れて、20分位煮込む。(日本酒が無いのでパス)

4.カボチャが煮えたら、とまとピューレを入れ、焦がさないように火を弱めてもう少し煮る。
5.しょう油を入れて和風にする。最後に酢と赤ワインを入れて全体を整える。味がしみこんだら出来上がり。


こしょうとか、ニンニクやしょうがはお好みで入れればよいのでは?と思います。

それがねぇ、カボチャが想像していたよりも、かなり甘くて、砂糖を多めに入れたので、とても甘いスパゲッティーミートソースみたいな味になったような?肉じゃがっぽいような。とてもおいしかったんです。もちろんご飯と一緒に食べました。

昼はラドに好評だったけど、果たして夜ご飯は?



子供たちは日本のカボチャを知らないから、「またママが変なものを食べさせる。」と、逃げ腰でした。肉とご飯だけを食べたそうにするので、私は怒りまくり、「食べなくてもいいよ!」とケンカを売ってしまった。こんなにおいしいのに、、、。子供も食べたいだろうと、自分の分を少なめによそったのに。

むかつくなぁ。

ナタンは「今度はカレーにしてね。」と言いながら、カボチャをよけていました。ニコライはしっかりと食べていたけど、風邪気味で頭痛のときに食べたので、反応はいまいち。エステルにはカボチャを入れなかったので、完食。サラはダイエットに励んでいるため、「いーらない!」と子憎たらしいが、しっかり完食。


まったく、むかついた。子供を甘やかしたっていいことは無い。

「残したら、後で台所に来ても何もあげないよ。」

と宣言したので、それなりにみんなが一生懸命に食べてくれた、と自分を慰めた。


ものすごく、自分味の自称「ハヤシライス」ですが、トマト味なら「ハヤシライス」でしょ?そう捉えている私は間違っているのだろうか?

おいしかったから、まあ、結果オーライです。




コメント

にゃんキチさん

子供って、辛いのダメよね。うちもラドがキムチを作るんだけど、食卓にのぼると、子供からブーイングだよ。ナタンなんて、絶対にキムチの隣に座らないって、移動しちゃう。

ウスターソースって、いい案だね。私は酢を入れるんだけど、もうちょっとアロマっぽくなりそうだね。シナモンとか、入れたらいいかもね。

日本のブルドックソースが恋しい。

・・・・・!!
なんか、わかる様な、わからない味かも・・・・。
砂糖じゃなくて、日本のウスターソース(これに近いのならそっちにもあるよね)を入れたら、本当のハヤシライスっぽいかも。

うちも「食べたくないなら、もう作ってあげないから、勝手にしろ。」と絶対に残すのを許しません。
でも、昨夜、ちょっと間違えて、子供に「激辛味噌」を与えてしまったので、その時ばかりは免除してやったよ。
だって、大分辛かったのか、大泣きだったからね・・・・。

拍手ありがとうございます。

メッセージの読み方がわからない!ごめんなさい。

でも、拍手ありがとうございます!!

Kaoちゃん

こんばんは。日曜日の午後はどうしてた?クリスマスに向けて買物に行ったかな?

今年は24日からどうするの?まさか例年のようなことにならなければいいのだが、、、。

昔は子供の食欲のために、マクドナルドごっこをしていたが、今はそんなことをする元気もない。


「食べなくていい!」で育ったのがナタンでさ、日本の保育園で「見た目NGが多いです。」って、連絡帳に書かれました。今でもかなり偏食だけど、小学校に入ってから、少しずつ食べられるものが増えてきてる。

エステルが真似しないように、気をつけてるよ。その点、女の子はあまり手がかからないみたいで、保育園では良く食べているらしい。うちでは「野菜は嫌」って、言うけど。

気長にやってゆこうね!しわを増やさないように。あはははは~。

すっごいアイディアだね~、かぼちゃのハヤシライス。甘くてお子ちゃま向けだと思うんだけど。うちの子も好き嫌いが激しいというか、見た目で判断して食べない・・・うちも一緒で「食べないなら、食べなくていい!後で何もあげないよ!」とは言っても言うこと聞かずで、ブチ切れすること多々ありよ。せっかく作ったのになんだよーって腹がたつ。
ポンセさん、やっぱり良きママだよー!

ばたさん

食の話題に食らいつくあなた!
相変わらずの食欲で、安心しました。あはは。

カボチャのハヤシライス、
想像がつかないよ。

近くだったら食べてみたい。

ポンセは昔から料理上手だったもんね、羨ましい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/76-6ce56108

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。