にわとりを2羽殺しました。 

先日のお試しに続き、いよいよ本番を迎えた昨日の話です。
5月に買ったヒヨコたちはこんなに大きくなりました。といっても、実際は大きさにかなり差があった。
にわとり

アレルギーの医者に予約してあってので、私は今日は作業ができないと、
伝えてあったが、実は一日勘違いをしていた。
病院に行ったら、待合室にはおばさんが一人居るだけ。
いつもは長蛇の列なのに?
もしや???「今日は22日でしょ?」と聞いてみたらびっくり、、、。
やっぱり1日勘違いしてました。
おずおずと家に戻ると、ラドママが居らず?!
「午後からやるね。」と、私を期待していたみたい。
仕切りなおし。さて、午後2時に作業は始まった。

庭に行くと、ラドママはすでにニワトリの羽をむしっていた。
私も負けず、庭に出ている一羽を捕まえる。手袋必要!
暫くおっかけっこし後、やっとつかまえた!!
もう、すでに興奮している私。まるで戦場の人(?)である。
ラドパパを呼んで、首を落としてもらう。
首の羽根をむしると、ニワトリが悲鳴を上げる。
私は、しっかりとニワトリを抱え込んで、
動かないようにして時を待つ。
首に刃が入り、それでもニワトリは嫌がりながら、
バタバタしようとする、が、私も必死に抑えつける。
ラドパパの指示。
「首を下にお尻を上にして、血が流れるようにしなさい!」

言われるとおりにして、首は落とされた。顔は見ていない。体はまだ温かい。
ふっと、人間も首を落とされても、きっとこうなんだろうなぁ、と思う。
押さえつけられていなかったら、庭じゅうを走り回るらしい。

「こういう場面から、ゾンビとか恐ろしいホラームービーを考え付く人がいるんだ!」

などと、妄想の世界に入る私。
にわとりは暖かいが、もう動かない。

次は、体全体に熱湯をかける。首のないニワトリをバケツに突っ込んで、少し待つ。
皮が固まって羽が抜けやすくなる。それほど難しい作業じゃない。
大体抜いたら、内臓を出す。

しかし、ここには大きな盲点があった。またもや、こんな落とし穴が私を待っていた。


ラドママがに「朝、小さなオリに移しておいてね。」と言われたにもかかわらず、
ラドは動かない。
私は、、、、、。
やっぱり触れないので、ラド頼りで何度か「早くやってよ!」と頼むだけ。
ラドはラドで忙しくって
「誰が朝6時半からそんなことをやるの?」
との生返事。

結果を言ってしまえば、ニワトリがご飯を食べ過ぎて、内臓を一気に引っ張って出せない!!
こんなこと、知らないよ~。

お尻から手を入れて、くるっと内臓を搔き出したいのだが、粘膜があるので、まずそれを体から離して、
ぐっと引く、、、って、出てこないんだよね、これが。

「ママ、ヘルプ!」選手交代です。

お尻のところに切り身をいれて、内臓が上手く外にでる。
問題の部分、多分人間だと食道にあたるのかな?
そこが袋になっていて、緑の葉っぱが詰まっていた。
これは、のどのほうから出すことになった。
胃袋もひっくり返せない私。脂身の黄色い部分だけ、ちょっとはぎ取ってみた。
初めてって、わからなことだらけだね。
やってみて、少しだけわかることがある。
そんな感じで、私の仕事は、やっぱりニワトリの黒い色素の残る毛穴の掃除。
もう、精魂が燃え尽きた?いやいや磨り減った。
精一杯の秋の午後でした。

それでも、気がつけば私の手が真っ黒!なんで?鳥が黒いから?
石鹸でもなかなか落ちなくて、ニワトリの呪いかな?
また違う世界へ精神だけが、逃避行していた私でした。

羽根をむしった後
ニワトリ 羽のない状態よく見ると、ハエがいるじゃん!!首の下がふくらんでいるでしょう?これが葉っぱの塊なんです。殺すときは、「朝飯ぬき!」ここがミソよ。


綺麗な脂でしょ?
ニワトリ 内臓と脂鶏がらとこの脂で綺麗なコンソメスープができあがります。

今日、私がアレルギーの医者に行っている間に、ラドママが新たに2羽を殺してくれました。
ああ、ママに感謝。そして、死んでくれたニワトリにも感謝。
土曜日に、残りの3羽も殺してしまう予定です。







関連記事

コメント

Re: 笑えた!

切腹とか首切りとか、時代劇に相当はまっているね!
大河ドラマ見ているのかな?
雌鳥4羽とオス1羽だけになりました。
ラドがどうしてもオスを残して、雛を孵したいそうです。(”かえす”って、こんな漢字でした。)
でもね、まだタマゴも産んでないよ。
なんか、ニワトリが減って、庭がさびしい。
週末も寒くなるみたいだよ!!
体調に気をつけてね。

No title

正解!
たけ姉でしたー!(笑)

ニワトリまた食事になったのね・・・でもそんなにバンバン殺しても大丈夫なの?次がなくなるじゃん・・・また飼う!?
立派なニワトリじゃないー!!
それにしても貴重な体験よぉー。
日本人女子でニワトリの下処理ができる人って、そんなにいないと思うよぉ~(笑)

うちの実家のある町は今でこそ通勤便利な住宅街に化してるけど、昔は田舎だったし、戦時中とかニワトリ飼ってる家も多かったから、いろいろ聞いて知ってる程度よ。もうどこも飼ってないけどね。

でもクビを落とす側の身になると痛いよね!?一瞬だからわかんない?とはいえ、昔の切腹とか斬首って言葉とか時代劇を思い出すとね、リアルだわー!!



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/8-31535658