スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬支度 薪割り 

薪になる大木

立派な大木でしょう?
これは来年の薪になる木なんですよ~ 
まだ乾いていないので使えません。

さて、先週末に冬支度の第一弾です。「薪づくり」とでも言いましょうか?
我が家の冬には欠かせない暖房の燃料です。
一年に1回だから、我慢できる作業なのだけど、
年を重ねるにつれて、これって辛い仕事になるんじゃないかな?と、
今から心配する私。
こんな仕事60歳になったら、絶対にやりたくない!
と思ったけど、ラドパパが手伝ってくれているから文句は言えない。
なんてったって、これは我が家に必要なことであって、
住人でない人が、わざわざこんな仕事を無料で手伝ってくれるなんて
家族っていいですよねぇ~。と、ほのぼのしたところで本題へ。
2010年の薪準備薪準備

ラド家の男衆が揃っています。ニコライは薪運び人でした。この作業はちょっとしたコツがいるので、
年配者が先取りしました。

こんな感じの「電動のこぎり」というのかな?太めの木を切ります。
もっと太い木は、持ち運びできる「電動のこ」で切りますが、歯も悪くなるので、
今回は斧のデカイやつ、(ハンマーのほうが想像しやすい?)を使っていました。
しかし、ぬれていると判明したので、あとで木を割り、並べ、乾かすことになりました。

だから、今回は半分だけを「短めに切って、それを運び、積み上げる」という単純作業でした。

成人男性3人、青少年1人、40代はじめのおばさん1人(私)の5人の作業です。
平均年齢、、、39歳だわ。つらいわけね。この作業。
薪運びニコライはトイレだの、腹減っただの、ちょくちょく居なくなるし。
薪15キロはある私は背が高くないから、地下に運び込むのに都合がいいと、運び役で、とっても疲れた。切る人のほうが楽に見える。代わってよ~。アレルギーの咳がでてくるし、、、。これ、15~20キロくらいあるんだよ!!

「もう一年に一度でも嫌だ!!」電気の家にしようよ!!
我が家の暖炉って、ロマンチックな暖炉とかじゃないんだよ。
部屋にはない。地下でひっそりと燃えている。
だから、みなさんに自慢してみせられるものでもないし。

手押し車で薪を運びながら、10年後の私を想像していた。
ニコライはきっとどこか都会に暮らし、滅多に家には帰ってこない。
ナタンは高校生。友達でも誘って、この作業を手伝ってくれればいいなあ。
ラドの弟だって、自分の家庭があって、他所の手伝いに来てくれるかな?
娘たちは薪を運べるだろうか?そして私は、、、、?
この作業の途中に、昼ごはんだの、お茶だの、出して片付けるのは、私の役目だったし、
きっと、毎年、毎年、おんなじ事を考えながら、薪を運ぶのかもしれない。

でも、やっぱり一日で終わった。本当に一日で終わった。
1年でたった一日で終わる作業。
ラド曰く、だから、文句を言わなくてもいいんじゃない?

そっか、そうだね。
来年は、体力をつけて喜んで薪を運ぼう!!
密かな誓いは誰にも言わない。
秘密にしておこうっと。
関連記事

コメント

Re: 薪のお値段

golferさん

ご指摘ありがとうございます!やっと要領が飲み込めました。コメントを管理しないといけないんですね。
お知らせがこないように設定しているのかな?気がつきませんでした。
これからもよろしくお願いします。

ところで、さすが男性の質問ですね。面白い。今年は30㎥を買ったそうです。それで700ユーロって言ってました。2年分にはならないと思います。今年の冬がどのくらい寒いのか、それにもよるでしょうし。

Re: 作業かー・・・作業だよxxx

地元の林業のヒトに頼んだら、山から持ってきてくれるの。

今週はラドパパが一人でやっているよ。さすがに今日はニコライに手伝うように言ったけど、
私は「ちょっと忙しいからできない!」って、拒否。ラドも締め切りがあるから、今月中は忙しくて、
ラドパパに申し訳ない感じです。でも、いい汗かいて、本人はものすごくご満悦。

こういうときにさ、「男の子が生まれてきてよかった。」と、思う。

そうそう、腰も痛めたよ。ホント、その通り。準備体操をしていなかったから、首まで痛くなった。
散々でした。来年に備えなくちゃ。電機のこぎりよりも、木こり風のハンマーで、ラドパパはやっているよ。
私もこういう薪割りは好きだよ。運ぶのは嫌だけど、、、。

ニコライについて、この言葉よく言われます。
> これはもてるぞー!女が放っておかないかも。

薪のお値段

すごい量の薪ですね!
だいたい一冬で何立方メートルぐらい消費するんでしょう?

我が家は週末だけで1立方メートルあれば十分です。
昨年の値段が1立方M55ユーロでした。



作業かー・・・

なんかすっごい大木多いね~。どっから仕入れたの?

薪を割る作業が本当一苦労だよね、絶対ダンナ1人じゃ無理無理!重労働だもんね、やりたくないけど、やらないと冬の生活がかかってる、やらねば!!なんだけど、こっちのほうが光熱費かかんなくていいのはわかるんだけど・・・

今年から私は解放されたけど、薪を運ぶ作業が半端なく、老体にはこたえるのよね・・・腰痛めないように気をつけてね!!

ニコちゃん、なんかすっかりいい青年になってるー!
これはもてるぞー!女が放っておかないかも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/9-0bc3f6e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。